スタイリングガイド

さまざまな要素のスタイルを示すページ。

モーツァルトの早熟さと天才性は、間違いなく他の人から利益を得るための例として頻繁に取り上げられていましたが、偉大なものを生み出すことができなかったことに落胆することはありませんでした。彼は 17 歳のときにウィーンに行きました。 選挙人。ここで彼は、ボンやドイツ全土でオペラが頻繁に上演されたモーツァルトと出会い、当時は名声の絶頂期でした。彼はおそらく彼からいくつかのレッスンを受けました。モーツァルトは、ドン・ジョヴァンニの上演が間近に迫っていることに非常に忙しかった。ベートーベンの訪問は 3 か月で終了したため、これらの教訓から彼が多くの利益を得た可能性は低いでしょう。マスターとの最初の出会いで、彼はモーツァルトから与えられた主題について彼のために即興演奏をしました。これが印象的なベートーベンにとって重要な機会であったことは確かです。会議によって引き起こされた感情は、彼が演奏を終えると、モーツァルトから次の有名な言葉を引き出したほどの効果で演奏することを可能にしました。彼はいつか世界を騒がせるだろう。」

しかし、ベートーベンは、1787 年 7 月 17 日に亡くなった母親の深刻な病気のため、ボンに戻ることを余儀なくされました。楽しみはおそらく彼の芸術の練習にあります。母と息子の間の愛情は、苦労と剥奪の少年時代の数少ない明るい点の 1 つでした。父親の厳しさが母親の優しさを際立たせ、母親の死を痛感した。彼はいくつかのレッスンを行いましたが、最も不本意ながら、オルガニスト補佐としての給料と父親の給料の一部と合わせて、家族を一緒に保ち、ある程度の慰めを与えたお金でした。

「私たちは、ベートーベンの元教師でピアニストだったニーフェや、すべてが銀河を形成したシムロックを忘れてはなりません。 名人 そして、同様の組織では比類のない作曲家です。」

–ジョージ・アレクサンダー・フィッシャー

彼の帰国は、間違いなく彼の芸術的発展を遅らせました。ウィーンの音楽的雰囲気は、特に彼が成人期に入り、現代の作曲家の作品に熱心に取り組んでいたこの時期には、彼にとってはるかに良いものだったでしょう。当時、書かれた音楽のごく一部しか出版されていませんでした。より小さな作品の多くは、何らかの社会的機能を飾るためだけに作曲され、最終的な運命についてはほとんど考慮されていませんでした.原稿から演奏するのが通例であり、そのコピーは容易に入手できませんでした。ウィーンのような都市では、新しい音楽が常に制作されていました。時には公共のコンサートで、ほとんどの場合、社交的な集まりで行われました。ミュージシャンと裕福なアマチュアの間に存在するフリーメーソンは、あらゆる才能のミュージシャンが確実に受け入れられ、友好的な立場に置かれるようなものでした.ウィーンほど音楽文化の機会を与えてくれたヨーロッパの都市は他にありませんでした。モーツァルトとハイドンの本拠地であり、器楽奏者や歌手だけでなく、多くのマイナーな作曲家も住んでいました。何らかの形での音楽は、より裕福な階級の主要な気晴らしであり、裕福な階級はプライベートオーケストラを維持していました。これらの後者の多くは素晴らしい演奏者であり、オーケストラによるコンサートに定期的に参加していました。

見出し

見出し 1

見出し 2

見出し 3

見出し 4

見出し 5
見出し 6

見出しリンク

段落の配置

これは 左揃え 段落。 Curabitur blandit tempus porttitor. Fusce dapibus、tellus ac cursus commodo、tortor mauris condimentum nibh、ut fermentum massa justo sit amet risus. Cras mattis consectetur purus sit amet fermentum. Duis mollis, est non commodo luctus, nisi erat porttitor ligula, eget lacinia odio sem nec elit. Fusce dapibus、tellus ac cursus commodo、tortor mauris condimentum nibh、ut fermentum massa justo sit amet risus.

これは 中央揃え 段落。 Curabitur blandit tempus porttitor. Fusce dapibus、tellus ac cursus commodo、tortor mauris condimentum nibh、ut fermentum massa justo sit amet risus. Cras mattis consectetur purus sit amet fermentum. Duis mollis, est non commodo luctus, nisi erat porttitor ligula, eget lacinia odio sem nec elit. Fusce dapibus、tellus ac cursus commodo、tortor mauris condimentum nibh、ut fermentum massa justo sit amet risus.

これは 右揃え 段落。 Curabitur blandit tempus porttitor. Fusce dapibus、tellus ac cursus commodo、tortor mauris condimentum nibh、ut fermentum massa justo sit amet risus. Cras mattis consectetur purus sit amet fermentum. Duis mollis, est non commodo luctus, nisi erat porttitor ligula, eget lacinia odio sem nec elit. Fusce dapibus、tellus ac cursus commodo、tortor mauris condimentum nibh、ut fermentum massa justo sit amet risus.

テキスト形式

太字

取り消し線テキスト

斜体テキスト

テキストに下線を引く

スーパースクリプト

添字

別のフォント

コード化された

これはコードテキストです。
これは整形済みのテキストです。
リスト項目

  • 箇条書き項目
  • 箇条書き項目
  • 箇条書き項目
  1. 番号付きリスト項目
  2. 番号付きリスト項目
  3. 番号付きリスト項目
  • 混合リスト項目
    1. 混合リスト項目
    2. 混合リスト項目
  • 混合リスト項目
  • 混合リスト項目
テーブル
テキストテーブルテキストテーブルテキストテーブルテキストテーブル
テキストテーブルテキストテーブルテキストテーブルテキストテーブル
テキストテーブルテキストテーブルテキストテーブルテキストテーブル
テキストテーブルテキストテーブルテキストテーブルテキストテーブル
引用符

私たちを待っているものを受け入れるために、私たちは計画した人生を手放さなければなりません。

デビッド・モーガン
ピクチャー
位置合わせのない通常の画像。
左揃えの画像。
右揃えの画像。
全幅に配置された画像ブロック。

コメントは締め切りました。